R1年後期アルファードハイブリッド
SR-Cパッケージ 

販売価格

oldpr.gif

​¥​530万円

mypr.gif

売却済み

車両情報

R1年7月

ホワイトパールクリスタル

首都圏ナンバー

DAA-AYH30W

2493cc

152PS/21.0kg・m

インパネCVT

完備

R3年度分完納

state_maker.gif
state_maker2.gif
state_maker3 (1).gif
state_maker5.gif
state_maker12.gif
state_maker13-1.gif
state_maker14.gif
state_maker6.gif
state_maker21.gif
state_maker17.gif
state_maker18.gif
state_maker8.gif
state_maker9.gif
state_maker19.gif
state_maker20-1.gif
state_maker10.gif
supeakey.jpg
state_maker26.gif

​41000キロ

R4年7月

7人

4950×1850×1880

4WD

​直列4気筒DOHC+ハイブリッド

燃費(JC08モード)18.4km/L

​有

後期モデル■リアエグゼクティブシート

装備・オプション

◆インテリア◆10インチナビ//リアモニター/プレミアムサウンドシステム/ツインムーンルーフ/自動ハイビーム:アダプティブハイビームシステム[AHS]/オートエアコン/ ブラック本革シート/ サンルーフ /両側パワースライドドア/ パワーバックドア/ ウッドコンビハンドル/ ETC/ パーキングセンサー/ プリクラッシュセーフティシステム/ オートクルーズ/ ハンドルヒーター/ レーンキーピングアシスト/ nanoイオン /

■エクステリア■3連LEDシーケンシャル// 純正17インチAW/ フォグLED/

◎その他◎自動車税R3年度分完納 放置違反金滞納無し 取扱説明書 整備手帳有 スペアキー×2 

備考

■2018年1月
トヨタは、アルファードハイブリッドを2017年12月25日にマイナーチェンジし、2018年1月8日に販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、第2世代となった新しい予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を標準装備。単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上によって日中の自転車の運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」、レーダークルーズコントロール作動時に車線維持に必要な運転操作の支援を行う「レーントレーシングアシスト」を新たに搭載。さらに「リヤクロストラフィックアラート」、「ブラインドスポットモニター」を新設定するなど、予防安全装備を充実。安全運転支援の強化が図られている。

内外装デザインもリニューアルが行われ、エクステリアはヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リヤコンビネーションランプの意匠変更が行われた。インテリアについてもメーター加飾、シート表皮。木目の色を変更するなど、高級感を向上。ハイブリッドのエアロ仕様としてゆとりのセカンドシートを備える最上級グレード「エグゼクティブラウンジS」を設定。「ブラック&ホワイト」の専用インテリアにシルバー木目調加飾、防汚処理加工を施したホワイトのプレミアムナッパ本革シートを装着。また、ハイブリッドのエアロ仕様にエントリーグレードとして「S」が設定された。

走行性能では構造用接着剤の適応範囲拡大、高剛性ガラス接着剤の使用などによりボディ剛性を高め、優れた操縦安定性と乗り心地を実現させている。

閉じる