17Yポルシェパナメーラ 4 Eハイブリッド4WD スポーツクロノPKG

販売価格

oldpr.gif

​¥​1200万円

mypr.gif

​売約済み

車両情報

state_maker.gif

​H29年1月

state_maker2.gif

ジェットブラックメタリック

state_maker3 (1).gif

東海圏ナンバー

state_maker5.gif

ALA-G2J29A

state_maker12.gif

2894cc

state_maker13-1.gif

330PS/46.0kg・m

state_maker14.gif

8AT

state_maker6.gif

完備

state_maker21.gif

R3年度分完納

state_maker17.gif

​32000キロ

state_maker18.gif

R4年12月

state_maker8.gif

4人

state_maker9.gif

4950×1850×1880

state_maker19.gif

4WD

state_maker20-1.gif

V型6気筒ターボ+ハイブリッド

state_maker10.gif

---

supeakey.jpg

​有

state_maker26.gif

現行モデル■リアエンター

装備・オプション

◆インテリア◆ワイドナビ/スポーツクロノパッケージ/バックモニター/リア2モニター/パノラマルーフシステム/リア アクスル ステアリング、パワー ステアリング プラス/トラフィックジャム アシスト/オートエアコン/8wayコンフォート/シートヒーター/パワーリフトテールゲート/キーレス

■エクステリア■LEDマトリックス ヘッドライト/ OPターボ21インチAW/フォグLED/スポーツ エグゾースト システム、ブラッシュ スチール スポーツ テールパイプ/電動リアウイング

◎その他◎自動車税R3年度分完納 放置違反金滞納無し 取扱説明書 整備手帳有 スペアキー有

備考

ポルシェジャパンは、2016年10月のパリモーターショーでワールドプレミアとなるポルシェパナメーラ4E-ハイブリッドの予約受注を2016年10月11日に開始すると発表した。

ポルシェパナメーラ4E-ハイブリッドは電子制御式の4WDを採用するプラグインハイブリッド。モーターによる航続距離は50kmに達し、システム最高出力は約340kW(462ps)を発生する。新ヨーロッパ走行サイクル(NEDC)による燃料消費量は2.5リッター/100kmとなる。

ポルシェのプラグインハイブリッドは、常に電気の力のみで走るEパワーモードでスタートし、140km/hの最高速での走行が可能。電気モーターは(100kW/136ps)のパワーと400Nmのトルクを発生し、新しい2.9リッターV6ツインターボガソリンエンジン(243kW/330ps、450Nm)との相乗効果で278km/hの最高速と0-100km/h加速4.6秒のパフォーマンスを実現させている。

このハイブリッドモジュールに組み合わされるトランスミッションは8速PDK。先代の電子制御油圧式とは異なり、電気クラッチアクチュエーター(ECA)によって機械的に制御されるため、迅速なシフトチェンジが可能という。

ラゲッジコンパートメントのフロア下に設置されたバッテリーは、液冷式のリチウムイオンバッテリーだ。電池容量が9.4kWhから14.1kWhに増大したにも関わらず、重量は同一に保たれている。充電時間は230V、10A接続で5.8時間、標準装備の3.6kWのチャージャーの代わりに、オプションの7.2kWの車載チャージャーと230V、32A接続を選択すると3.6時間で充電が完了する。

コクピットはハイブリッド専用のデザインとなり、アナログのレブカウンター両側に2つの7インチディスプレイが備わる。ディスプレイは直感的な操作が可能で専用のパワーメーターは現在使用している電気パワーやエネルギー回生の状況などが表示される。また、12.3インチのタッチスクリーンはハイブリッドシステムに関する様々な情報にアクセスすることが出来る。ブーストアシスタントディスプレイはブーストに利用できるエネルギーを表示、ハイブリッドアシスタントは電気走行のパワーに関連する様々な情報が表示される。

ステアリングホイール内蔵のモードスイッチを備えたスポーツクロノパッケージは標準装備となる。このモードスイッチとポルシェコミュニケーションマネージメントシステム(PCM)により、いくつかのドライビングモードの選択が可能だ。4E-ハイブリッドには"スポーツ"もしくは"スポーツプラス"モードがあり、さらに"Eパワー"、"ハイブリッドオート"、"Eホールド"、および"Eチャージ"が選択出来る。

新たに設定されたハイブリッドオートモードは自動的にエレクトリックシステムとエンジンのくみあわせ、究極の効率性を実現する。Eホールドモードではバッテリーの充電状態を維持し、電気モーターのみで走行可能。Eチャージモードはエンジンによりバッテリーが充電される。

スポーツそしてスポーツプラスモードではエンジンが常に作動し、スポーツプラスモードでは最大限のパフォーマンスが発揮される。