​H30年式 クラウン 2.0RS アドバンス
​サンルーフ ハーフレザー 車高調

​販売価格

oldpr.gif

​¥​460万円

mypr.gif

商談中

​車両情報

state_maker.gif

H30年10月

state_maker2.gif

​ブラックメタリック

state_maker3 (1).gif

近畿圏ナンバー

state_maker5.gif

3BA-ARS220

state_maker12.gif

1998cc

state_maker13-1.gif

245PS/36.0kg・m

state_maker14.gif

CVT

state_maker6.gif

完備

state_maker21.gif

R4年度分完納

state_maker17.gif

​25000キロ

state_maker18.gif

R5年11月

state_maker8.gif

5人

state_maker9.gif

4910×1800×1455

state_maker19.gif

FR(後輪駆動)

state_maker20-1.gif

​直列4気筒DOHC+ターボ

state_maker10.gif

---

supeakey.jpg

​有

state_maker26.gif

最上級グレード■車高調

​装備・オプション

◆インテリア◆純正ナビ /地デジTV /バックモニター/ プッシュスタート/ ブラック×バックスキンハーフレザーシート /本革巻きステアリング/  インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ インテリア加飾:カーボン調(センターロアパネル、センターコンソール、パワーウインドゥスイッチベース)パワーシート プリクラッシュセーフーティシステム/ ブラインドスポットモニター LTA(レーントレーシングアシスト) /オートエアコン/

■エクステリア■①専用フロントグリル(ブラック塗装+メッシュパターン) ②フロントバンパー(メッキモール付) ③フロントバンパーロアグリル(艶ありブラック) ④グレードエンブレム(フロント・リヤ 3眼LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト機能/おもてなし照明付)+ヘッドランプクリーナー

◎その他◎自動車税R3年度分完納 放置違反金滞納無し 整備手帳、取扱説明書 スペアキー×2

​備考

■2018年6月
トヨタは、「クラウン」を2018年6月26日にフルモデルチェンジ、同日に販売を開始した。

15代目となるクラウンは車載通信機DCMを全車に標準搭載した「初代コネクティッドカー」として誕生した。さらに走行性能を磨き上げて“意のままの走り”を実現させたという。

新型のスタイリングは大きく変わった。クラウンとしては初となる6ライトを採用したことで4ドアクーペ風のフォルムに一新。ボディサイズは全長4910mm×全幅1800mm×全高1455mm、ホイールベース2920mm。先代と比べるとホイールベースは70mm伸ばされているが、スリーサイズに大きな変更はない。全幅を1800mmに抑えているのは日本での扱いやすさに配慮したものだ。

先代は「アスリート」と「ロイヤル」を設定していたが、新型はスポーティモデルを「RS」、それ以外を「標準仕様」としている。RSはブラック塗装+メッシュパターンのフロントグリル、メッキモール付きフロントバンパー、メッシュパターンのリヤバンパー、ドアフレームのブラック化、リヤスポイラー、スパッタリング塗装の18インチアルミホイール、左右4本出しエキゾーストテールパイプなどを装着してスポーティさを演出する。

インテリアはシンプルで上質な造り込みと先進デバイスの対比によるモダンな空間を表現。造り込みにおいては触感や質感、動き、音、細部の見栄えなど、五感に響く感性品質にこだわったという。装備では運転中でも見やすい遠方配置の8インチディスプレイと操作性を考慮して手前側に配置した7インチディスプレイの2つを連携させた新開発のダブルディスプレイを採用。インストルメントパネルの上面を低く抑えて開放感を高めている。後席居住性についても前席下の足入れスペースを拡大し、シートの座面形状を最適化。ドアLED照明や3席独立エアコンなど、後席装備を充実させたグレードも用意されている。

ガソリン車のパワーユニットは最高出力180kW(245ps)/5200~5800rpm、最大トルク350Nm/1650~4400rpmを発生する2.0リッター直4直噴ターボ。組み合わされるトランスミッションは8速ATで2WD(FR)のみの設定だ。

新型にはTNGAに基づくプラットフォームを新採用。前後マルチリンクサスペンション、ステアリング剛性の最適化、アルミダイキャスト製フロントサスタワーの採用、構造用接着剤の塗布量増加などによるボディの高剛性化によるすぐれた操縦性とフラットな乗り心地を特徴とする。また、RSには専用フロントスタビライザー、リニアソレノイド式AVSを採用することで余分な動きを抑え、走行性能を向上。さらに2.0ターボ車にはリヤパフォーマンスダンパーとリヤフロアブレースも追加採用されている。



先進安全装備では第2世代の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に標準装備。歩行者検知(昼間・夜間)・自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、全車速追従機能付き「レーダークルーズコントロール」、同一車線内中央を走行できるように操舵を支援する「レーントレーシングアシスト」、「オートマチックハイビーム」、「パーキングサポートブレーキ」などが用意されている。