H2年後期 マツダ サバンナRX-7 GT-X BBS16AW ターボ ロータリーエンジン

販売価格

oldpr.gif

​¥​350万円

mypr.gif

ASK

車両情報

H2年10月

ミッドナイトパープル(色替え)

首都圏ナンバー

E-FC3S

2493cc

205PS/27.5kg・m

5MT

完備

R3年度分完納

state_maker.gif
state_maker2.gif
state_maker3 (1).gif
state_maker5.gif
state_maker12.gif
state_maker13-1.gif
state_maker14.gif
state_maker6.gif
state_maker21.gif
state_maker17.gif
state_maker18.gif
state_maker8.gif
state_maker9.gif
state_maker19.gif
state_maker20-1.gif
state_maker10.gif
supeakey.jpg
state_maker26.gif

​120000キロ

R5年11月

4人

4335×1690×1270

FR(後輪駆動)

 水冷直列2ロータリー

---

​無し

後期モデル■BBS16インチAW

装備・オプション

◆インテリア◆7インチナビ/ ETC/ セミバケットタイプモケットシート/ 電動ミラー /BLITZターボタイマー/ エアコン/パワーウインドウ/ 

■エクステリア■ミッドナイトパープルオールペイント/ BBS16インチAW/ 社外Fリップスポイラー/リアスポイラー/

◎その他◎自動車税R3年度分完納 放置違反金滞納無し 取扱説明書 整備手帳有 

備考

「走行性能と走りの感覚」の面で大幅な改良を図り、より一層魅力ある本格スポーツカーとしての熟成を図ったサバンナRX-7(SAVANNA RX-7)。SA22C型サバンナRX-7から1985年、2代目となった。マイナーチェンジを行い、エンジンは完全独立ツインスクロール・ターボの採用や圧縮比のアップなどにより、最高出力を205ps、最大トルクを27.5kg-mを発揮する。高性能ダンパー(GT-R、GT-X、カブリオレ)を装着するとともに、スタビライザーのサスペンション接合をゴムのブッシュからボールジョイントに変更し、操縦安定性を改善しつつ乗り心地も改善した。外観上は、前後のソフトフェイシア、リアコンビランプのデザイン変更(丸型3灯)、ボディカラーと同色のプロテクターモールの採用などにより、スタイルの力強さを強調する。

1989年4月にマイナーチェンジが行われ、エアフロをフラップ式からメジャリングコア式に、リアコンビネーションランプを角型から丸型3灯にする変更のほか、サスペンションの改良、ドアミラーの同色化、前後バンパーおよびボディのモール形状、アルミホイール、前席シート、インパネセンター、計器類のデザイン等が変更された。出力もタービンの改良により、前期の185psから205psに向上している。

グレードは最廉価グレード「GT」、ベーシックグレード「GT-R」、ビスカス式LSDとアルミボンネットを装備した「GT-X」