H28年トヨタ プリウス1.8S ワイドナビ
​セーフティプラスパッケージ

​販売価格

oldpr.gif

​¥​180万円

mypr.gif

売却済み

​車両情報

state_maker.gif

H28年7月

state_maker2.gif

​スーパーホワイト

state_maker3 (1).gif

九州圏ナンバー

state_maker5.gif

DAA-ZVW50

state_maker12.gif

1797cc

state_maker13-1.gif

98PS/15.0kg・m

state_maker14.gif

インパネCVT

state_maker6.gif

完備

state_maker21.gif

R4年度分完納

state_maker17.gif

​103000キロ

state_maker18.gif

R5年9月

state_maker8.gif

5人

state_maker9.gif

4540×1760×1470

state_maker19.gif

FF(前輪駆動)

state_maker20-1.gif

​直列4気筒DOHC+ハイブリッド

state_maker10.gif

---

supeakey.jpg

無し

state_maker26.gif

人気のハイブリッド■

​装備・オプション

◆インテリア◆アルパインナビゲーションシステム /地デジTV/ バックモニター/ ETC/黒ファブリックシート/パーキングアシスト/ プリクラッシュセーフティシステム/ オートエアレーダークルーズコントロールコン/ スマートキー/ プッシュスタート/ オートマチックハイビーム/リヤクロストラフィックアラート/ セーフティセンス■エクステリア■純正AW/ LEDヘッドライト 

◎その他◎自動車税R4年度分完納/ 放置違反金滞納無し/ 整備手帳、取扱説明書有/

​備考

■2015年12月
トヨタは主力のハイブリッド車プリウスをフルモデルチェンジし、最も燃費の良いベースグレードでは40.8km/Lを達成するなど、優れた環境性能にさらに磨きをかけたほか、斬新な低重心スタイル、走りの楽しさ、安全装備の充実化などを図り、2015年12月9日に発売した。

外観デザインはルーフの中央部を高くするトライアングルシルエットを継承するとともに、
低重心パッケージを採用した。インテリアは温かみを持たせたとしているが、旧型モデルにあった先進性はやや薄れたような印象である。

今回のプリウスはTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)と呼ぶ開発手法に基づくクルマづくりが行われており、TNGAを採用したトヨタ車として初めてのモデルとなった。

ハイブリッドシステムの基本はTHSIIで変わらないが、中身は新設計といえるくらいに改良が行われ、小型・軽量化と効率の向上が図られている。搭載エンジンも同様に型式こそ2ZR-FXE型で変わらないが、中身は完全に新設計のものとされ、72kW(98ps)/142N・mの動力性能を発生する。これに53kW(72ps)/163N・mの動力性能を発生する新開発の電気モーターが組み合わされている。

今回のモデルでは発進をモーターでアシストする電気式4WD車(E-Four)が設定され、4WD用の後輪モーターは1MM型で5.3kW(7.2ps)/55N・mを発生する。

電池もニッケル水素電池が新設計のものとされたほか、グレードによって新たにリチウムイオン電池の搭載車を設定している。

エンジンは最大熱効率40%を実現した効率の高さが特徴で、モーター、トランスアクスル、パワーコントロールユニット、駆動用バッテリーといったシステム全体で小型・軽量化を実現。さらに約20%の低損失化を図り、ベースグレードのEではJC08モード燃費で40.8km/Lの低燃費を達成した。

TNGAによるクルマ作りは低重心パッケージのほか、ボディのねじり剛性を60%向上させた高剛性ボディやダブルウィッシュボーン式リヤサスペンションの新採用などにより、走る楽しさや快適性を向上させた。

安全装備は歩行者検知機能付きの衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールをはじめ、4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージトヨタ・セーフティ・センスPを上級グレードに標準装備した。

グレードはEのほか、S、Sツーリングセレクション、A、Aツーリングセレクション、Aプレミアム、Aプレミアムツーリングセレクションの6グレードが設定され、E以外のグレードには4WD車の選択が可能だ。

■2016年8月
トヨタは主力のハイブリッド車プリウスに特別仕様車「S“セーフティプラス”」を設定して、2016年8月8日に発売した。

「S“セーフティプラス”」は標準グレード「S」をベースに、プリクラッシュセーフティやレーダークルーズコントロール、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を追加装備する。またインテリジェントクリアランスソナーやシンプルインテリジェントパーキングアシスト、カラーヘッドアップディスプレイ、LEDフロントフォグランプなどを特別装備して、安全装備を充実した。さらにバックカメラとステアリングスイッチをセットにした「ナビレディセット」も装備して、魅力を向上している。