H21年MC後 スズキ エブリーワゴン
PZターボスペシャル ハイルーフ検査2年

販売価格

oldpr.gif

​¥​80万円

mypr.gif

商談中

車両情報

state_maker.gif

H21年4月

state_maker2.gif

ミステリアスバイオレットパール

state_maker3 (1).gif

近畿圏ナンバー

state_maker5.gif

ABA-DA64W

state_maker12.gif

658cc

state_maker13-1.gif

64PS/11.0kg・m

state_maker14.gif

4AT

state_maker6.gif

完備

state_maker21.gif

R4年度分完納

state_maker17.gif

​82000キロ

state_maker18.gif

2年受け渡し

state_maker8.gif

4人

state_maker9.gif

3395×1470×1880

state_maker19.gif

MR(後輪駆動)

state_maker20-1.gif

直列3気筒DOHC+ターボ

state_maker10.gif

---

supeakey.jpg

state_maker26.gif

後期モデル■電動オートステップ

装備・オプション

◆インテリア◆7インチHDDナビ/フロント、バックモニター/オートエアコン/両側パワースライドドア/ ETC/オートステップ/キーレス/ドライブレコーダー

■エクステリア■キセノンヘッドライト/ 14インチAW/

◎その他◎自動車税R4年度分完納 放置違反金滞納無し 取扱説明書 整備手帳有 

​右スライドドアにキズが有ります。

備考

■2007年7月
1998年に軽自動車の規格が変わった後、それまではライトバン仕様しかなかった軽自動車の1BOXカーにワゴン仕様が設定されるようになった。2005年8月にはワゴン仕様になって2代目のエブリイが登場している。外観デザインはフロントに小さめのノーズを持つ軽1BOXらしいもの。角張ったヘッドライトが力強さと存在感を表現している。スライドドアのレールがガーニッシュで覆われ、すっきりして上質感のある外観を作っている。ボディタイプは標準ルーフとハイルーフがあるが、上級グレードのPZ系は標準ルーフのみの設定となる。インテリアは2色でコーディネートされ、インパネシフトによって前後左右のウォークスルーを可能にした。後席は足元空間を広げたほか、左右独立で150mmのスライドとリクライニングが可能なシートが用意されている。搭載エンジンは660ccの自然吸気DOHCとDOHC+インタークーラー付きターボの2機種。廉価グレードは5速MTと3速ATの組み合わせだが、上級グレードは4速ATのみの設定となる。足回りはL型ロアアーム+サスペンションフレームの新構造を採用、またサスペンションの取付け剛性を上げることで、操縦安定性と乗り心地を向上させている。PZ系にはオートエアコンが装備されるなど、快適装備の充実度も高い。2007年7月には内外装のデザインを一部変更し、全車のシート形状を変更したほか、グレードによって装備を充実化するなどの改良を行った。