R2年ハイエース スーパーGL 2.8Dターボ
​特別仕様車 DARK PRIMEⅡ4WD

販売価格

oldpr.gif

​¥​420万円

mypr.gif

¥225万円

車両情報

state_maker.gif

R2年7月

state_maker2.gif

​ホワイトパール

state_maker3 (1).gif

関東圏ナンバー

state_maker5.gif

QDF-GDH206V

state_maker17.gif

​6000キロ

state_maker18.gif

R5年7月

state_maker8.gif

2(5)人

state_maker9.gif

4840×1880×2105

state_maker12.gif

2754cc

state_maker13-1.gif

151PS/31.0kg・m

state_maker14.gif

6AT

state_maker6.gif

完備

state_maker21.gif

R4年度分完納

state_maker19.gif

AWD(全輪駆動)

state_maker20-1.gif

​直列4気筒DOHC+ターボ

state_maker10.gif

---

supeakey.jpg

​有

state_maker26.gif

特別仕様車◆カスタム

装備・オプション

◆インテリア◆7インチナビ/バックモニター/リア1モニター/デジタルインナーミラー/オートエアコン/スマートキー/ブラックハーフレザーシート/ 両側パワースライドドア/ ウッドコンビハンドル/ ETC/パーキングセンサー/ リアエアコン

■エクステリア■LEDヘッドライト/ 外品16インチAW/フォグLED/

◎その他◎自動車税R4年度分完納 放置違反金滞納無し 取扱説明書 整備手帳有 

備考

■2020年5月
トヨタは、ハイエース(バン)を一部改良して、2020年4月17日に発表、同年5月1日に発売した。

今回の一部改良では、車両後方のカメラ映像を映し出すデジタルインナーミラーを全車にオプション設定。車両を上から見たような映像をナビゲーション画面へ表示するパノラミックビューモニターをAT車にオプション設定した。また、オプティトロンメーターに4.2インチTFTカラーのマルチインフォメーションディスプレイを採用するなど、視認性や利便性を向上した。

さらに、アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を、Toyota Safety Sense装着のAT車にオプション設定した。

■2017年12月
トヨタは、ハイエース(バン)を2017年11月22日に一部改良し、同年12月1日に発売した。

今回の改良では、衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンスP」を標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせにより、歩行者検知機能付き衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームの3つを組み合わせて、衝突回避や衝突時の被害軽減をサポートする。さらにVSC&TRC、ヒルスタートアシストコントロールのほか、盗難防止に貢献するオートアラームを全車に標準装備して、さらなる安全性に配慮した。

ディーゼル車のパワーユニットは、新開発の2.8リッタークリーンディーゼル「1GD-FTV」の搭載と6速ATの採用によって、従来型に対して1.6~1.0㎞/L燃費が向上。「平成27年燃費基準+15%」を達成するとともに「平成21年基準排出ガス10%低減レベル」の認定を取得し、「エコカー減税」の免税措置対象となった。


■2018年8月
トヨタは、ハイエースに特別仕様車「スーパーGL “DARK PRIME II”」とハイエース誕生50周年記念の特別仕様車「スーパーGL“50 TH ANNIVERSARY LIMITED”」を2018年8月6日に設定、同日に販売を開始した。

今回設定された特別仕様車「スーパーGL“DARK PRIME II”」は、最上級グレード「スーパーGL」をベースに、エクステリアではダークメッキのフロントグリル、バックドアガーニッシュを特別装備したほか、インテリアではルーフ、ピラー、セパレーターバーにブラック色を採用。また、スライドドアのスカッフプレートに車名ロゴ&イルミネーションを特別装備したほか、SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付きシートベルト(助手席)を標準装備。ボディカラーには特別設定色の「スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(オプション)」を含む、全5色を設定した。