H24年後期 M・ベンツV350アンビエンテ
​ロング Wサンルーフ 

販売価格

oldpr.gif

​¥​180万円

mypr.gif

売却済み

車両情報

state_maker.gif

H24年3月

state_maker2.gif

ブラック

state_maker3 (1).gif

首都圏ナンバー

state_maker5.gif

ABA-639350

state_maker12.gif

3497cc

state_maker13-1.gif

258PS/35.0kg・m

state_maker14.gif

5AT

state_maker6.gif

完備

state_maker21.gif

R3年度分完納

state_maker17.gif

​29000キロ

state_maker18.gif

R5年5月

state_maker8.gif

7人

state_maker9.gif

5010×1910×1930

state_maker19.gif

FR(後輪駆動)

state_maker20-1.gif

V型6気筒DOHC

state_maker10.gif

---

supeakey.jpg

​有

state_maker26.gif

後期モデル■サンルーフ付き

装備・オプション

◆インテリア◆HDDナビ/ 地デジTV/ バックモニター/ ETC/WSR/ブラックレザーシート/ 電動パワーシート/ 両側パワースライドドア/ 3列シート/ 本革巻きステアリング/ オートクルーズ/ オートエアコン/室内LEDランプ

■エクステリア■キセノンヘッドライト/ 純正18インチAW/ルーフレール /

◎その他◎自動車税R3年完納/ 放置違反金滞納無し/ 取扱説明書 /整備手帳有/ スペアキー有/ 

備考

■2011年3月
2003年にVクラスの後継モデルとしてデビューしたビアノは2006年11月のマイナーチェンジで車名を再びVクラスに変更した。かつてのVクラスはFF方式を採用しており、それがFRに変更されたことなどもあってビアノという新しい名前が使われたのだが、すでに定着しているVクラスを復活させることになった。全幅が1900mmを超えるゆとりのボディサイズと長いホイールベース、そしてフラットなフロアを活かした広い室内に、大人7人がゆったりとくつろげる3列シートを装備。前後スライドやリクライニング機構を備えたセカンド/サードシートは着脱可能で、対座レイアウトをはじめ多彩なアレンジが可能だ。左右両側にスライディングドアを採用し、後席への優れた乗降性や荷物の積載性を実現している。搭載エンジンは2007年11月にV型6気筒の3.5リッターDOHCに変更された。190kW(258ps)のパワーを発生し、電子制御5速ATと組み合わされる。装備面では、助手席ドアミラー内蔵サイドビューカメラによって死角を解消したほか、オプションでDVDまたはHDDナビゲーションを用意している。快適な室内空間を保つ前後独立調整の可能なクライメートコントロールなどの快適装備を標準で用意する。安全面では滑りやすい路面での走行時や危険回避時における走行安定性を高めるESPやブレーキアシスト、運転席と助手席のSRSエアバッグに加え、側面衝突に備える前席のSRSソラックスサイドバッグなどが標準装備される。2011年1月の改良ではスリーポインテッドスターを配したフロントグリルを採用するなど外観デザインを変更し、内装の仕様、サスペンションのチューニング、装備の充実化などを実施した。