H30年アルファロメオ ジュリア
2.0 ターボ Q4 ヴェローチェ 4WD

販売価格

oldpr.gif

​¥​380万円

mypr.gif

​¥173万円

車両情報

state_maker.gif

H30年12月

state_maker2.gif

ブルカノブラック

state_maker3 (1).gif

関東圏ナンバー

state_maker5.gif

ABA-95220

state_maker12.gif

1995cc

state_maker13-1.gif

280PS/41.0kg・m

state_maker14.gif

8AT

state_maker6.gif

完備

state_maker21.gif

R4年度分完納

state_maker17.gif

​33000キロ

state_maker18.gif

​R5年7月

state_maker8.gif

5人

state_maker9.gif

4655×1865×1435

state_maker19.gif

AWD(全輪駆動)

state_maker20-1.gif

直列4気筒マルチエア・ターボ

state_maker10.gif

---

supeakey.jpg

​有

state_maker26.gif

オシャレなイタリアセダン■

装備・オプション

◆インテリア◆CarPlay/AndroidAuto対応コネクト/ハーマンカードンオーディオ/ETC/バックモニター/ブラックレザーシート/シートヒーター/パドルシフト付レザーステアリング/左右独立式フルオートエアコン/レザーインテリアパネル/パワーシート/キーレススタートシステム/ALFA DNAドライブモードシステム「コネクトシステム/Bluetooth/歩行者検知機能付きの前面衝突警報(FCW)/アダプティブクルーズコントロール/ブラインドスポットモニター/オートマチックエマージェンシーブレーキ 歩行者検知機能付き(AEB)[衝突被害軽減ブレーキ機能および歩行者検知機能付き]/オートハイビーム/

エレクトロニックスタビリティコントロール(ESC)/ヒルホールドシステム(HHS)/トラクションコントロール(TC)/ブレーキアシスタンスシステム(BAS)/エレクトロニックブレーキプリフィル(EBP)[ブレーキ予圧機能]/ブレーキテンパラチャーモジュール(BTM)[ブレーキ予熱機能]

■エクステリア■バイキセノンヘッドライト/ スタティックコーナリングランプ/LEDデイタイムランニングライト/純正18インチAW/フォグLED/ヴェローチェ専用スポーツバンパー/リアクロスパスディテクション(RCPD)/ツインエキゾーストパイプ/クローム仕上げエキゾーストパイプフィニッシャー/

◎その他◎自動車税R4年度分完納 放置違反金滞納無し 取扱説明書 整備手帳有 

備考

■2017年10月
FCAジャパンは、アルファロメオの高性能スポーツサルーンとなる「ジュリア」を2017年9月6日に発表、同年10月14日より販売を開始した。

新しいジュリアはかつての「アルファロメオ156」、「アルファロメオ159」を受け継ぐDセグメントのスポーツサルーン。最大の特徴はかつての「アルファロメオ75」以来のFRレイアウトを採用すること。ボディは全長4645mm×全幅1865mm×全高1435mm、ホイールベース2820mm(ジュリア)。「BMW3シリーズ」や「アウディA4」などのDセグメント(アッパーミドルサイズ)に入る大きさだ。

アルファロメオがジュリアに求めたのは「感情に訴えかけるマシン」であること。ドライバーの情感を掻き立てる新次元のドライビングエクスペリエンスをすべてのモデルでもたらすため、革新的なエンジン、50:50の前後重量配分、独創的な技術的ソリューション、卓越したパワーウエイトレシオ、そして洗練されたイタリアンデザインの5つのポイントを具現化している。

グレードは4タイプが設定され、「ジュリア」と「ジュリアスーパー」には最高出力147kW(200ps)/5000rpm、最大トルク330Nm/1750rpmを発生する2.0リッター4気筒マルチエアツインスクロールターボを搭載。4輪駆動の「ジュリア ヴェローチェ」には最高出力206kW(280ps)/5250rpm、最大トルク400Nm/2250rpmの2.0リッター4気筒マルチエアツインスクロールターボを、シリーズ最上級グレードとなる「ジュリアクアドリフォリオ」にはフェラーリ出身のエンジニアにより開発された最高出力375kW(510ps)/6500rpm、最大トルク600Nm/1750rpmの2.9リッターV6ツインターボが搭載され、0-100㎞/h加速3.9秒、最高速307㎞/h(欧州仕様参考値)のパフォーマンスを誇る。2016年の独ニュルブルクリンク北コースにおいて、当時の4ドアセダンでは世界最速となる7分32秒を記録している。

前後オーバーハングを切り詰め、エンジンやその他のメカニカルコンポーネントを車軸間にレイアウトすることで、理想的な重量配分と高性能スポーツサルーンらしい均整のとれたプロポーションを実現した。ボディ底面をフラッシュサーフェス化して整流効果を高め、安定した操縦安定性に貢献。軽量化についてもエンジンフード、フロントサイドフェンダー、ドアアウターパネルにアルミニウムを採用したほか、ジュリアクアドリフォリオではエンジンフードとルーフパネルにカーボンを採用し、さらなる軽量化を実現した。

シャシーは新設計のFRアーキテクチャーをベースにアルミやカーボンといった軽量素材を採用。全車にカーボン製プロペラシャフトを採用し、フロントダブルウイッシュボーン、リヤマルチリンク式となる足まわりはアルミ素材の採用によって路面追従性を向上させている。

クアドリフォリオではさらにワンランク上のパフォーマンスが与えられており、後輪の左右輪に個別にトルク配分を行うトルクベクタリング機構により、滑りやすい路面でもスタビリティコントロールに頼ることなく、すぐれたトラクション性能を発揮する。また、すべてのシャシーを系電子制御デバイスを統合制御するシャシーコントロールシステム(CDC)はドライバーの意思を正確に汲み取り、レーシング領域においてもすぐれたドライビングパフォーマンスを発揮する。

インテリアは全車がレザー仕上げとなり、レザーシートの素材や色、ステッチカラー、インテリアパネル、ルーフライニングカラーに豊富なバリエーションを用意。装備については全車にバイキセノンヘッドライト、パワーシート、キーレススタートシステム、ALFA DNAドライブモードシステム「コネクトシステム」、Bluetooth接続、スマートフォン接続、USB端子などを装備。

先進安全装備についても歩行者検知機能付きの前面衝突警報(FCW)、自動緊急ブレーキ(AEB)を装備し、「ジュリアスーパー」以上にはアダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニターが装備されている。

ステアリング位置は「ジュリアヴェローチェ」のみが左、その他は右ハンドル。トランスミッションは全車8速ATとなる。ベースグレードの「ジュリア」は受注生産モデル。